特許取得(米国 No.5888071号、国内 No.3820421号)
中学生から大人までの「使える」英語力を徹底的に養います。

TOEIC TESTのベーシック版

TOEICで450点を実力で取れる「英語力」を目的にしています。

 基礎的な「英語コミュニケーション能力」を体系的、客観的に評価するためにアメリカのEdjucational Testing Service(ETS)で開発され、実施されているテストです。
  いま、全国立大学卒業時の平均スコアは、推定で450点くらいです。TOEIC Bridgeは、実力でTOEICテストでスコア450点に満たない方に受験してもらうための、いわばTOEICテストへの架け橋としてのテストです。

日本人にもっとも不足している「日常使う英語」の学習指標

 アメリカ人はもちろん、フィリピン人やシンガポールの子供たちが誰でも使える「基礎英語」を、日本人はいちばんニガテとしています。現地では日常、誰もが使う「基礎的な英会話」が日本人にとっては、明快に聞き取れません。
  中学校で習い始めてから大学を出るまで「英会話」「英語を聞く」機会がないからでしょう。
  TOEIC Bridgeで出題されるリスニングは全部で2000文例くらいです。これだけ徹底的にトレーニングすればTOEIC Bridgeのリスニングは満点です。そして英会話力は、おもしろいほど向上します。
また、文法・語法、そして「英文」も「日常使うもの」ばかりです。これらをしっかり身につければ、英語圏での生活にほとんど不自由しません。
  日本人は大学入試の英語などとびきり難しい「英語」の勉強はしてきていますが、TOEIC Bridgeのように本当に日常のコミュニケーションに欠くことのできない「基本英語力」が極端に不足していると、いくら「難しい英語」を勉強しても「あたりまえ」のコミュニケーション能力が付きません。
 TOEIC Bridgeは日本人にとっては、待望の「使える英語力」の指標です。