特許取得(米国 No.5888071号、国内 No.3820421号)
簿記知識ゼロからのスタート。

日商簿記2級・3級TLTソフトについて

他の参考書や教材等は一切不要です。学校に通う必要もありません。
TLTソフトは一人でつまずくことなく勉強ができる完全独学のためのシステムです。

 インターネットを使えば,Newton社のTLTソフトで日商簿記3級にわずか60時間、2級も100時間で合格できる勉強ができます。思ったより簡単に合格への知識と実力がつきますから,高校生でもすぐにとりかかることができます。簿記検定の中でも最もメジャーなものが日商簿記検定で,3級は毎回約10万人、2級は約7万人が受験しています。
  日商簿記3級は第1問から第5問で構成されており、その出題内容はほぼ決まっています。
  日商簿記2級は第1問から第3問まで商業簿記,第4問と第5問は工業簿記として構成されており,その出題内容はそれぞれ最大20パターン程度に分類することができます。
  したがって,学習するにあたり,各大問の特徴と出題傾向をしっかり把握することが合格への近道となります。TLTソフトでは,パソコンによる習熟管理機能によって各項目の内容を確実に頭にすり込み,本番の試験で出題される可能性の高いパターンの演習問題をワンタッチ入力により豊富に解くことで,合格を揺るぎないものとします。TLTソフトは米国特許,国内特許を取得し,司法書士,行政書士,TOEIC TEST、大学受験など200を超える教科に利用され,大きな信頼と実績を積み上げてきたのです。初心者の方は、3級ソフトの後に2級ソフトを学習すれば、知識ゼロの方がことし中に2級まで取得できます。

社会人だけでなく高校生にとっても魅力的な資格

 簿記は,英語やITと同様、ビジネスにおける世界の共通言語であり,あらゆるビジネスの土台となります。簿記の知識を身につけることで、企業の活動や経済の仕組みを理解したり,経済ニュースをより身近に感じることができるようになるでしょう。さらに日商簿記検定は,会計系資格のベースであり,特に3級は比較的短期間で取得できるため、そこから他の会計系資格(税理士や公認会計士など)へとステップアップすることも可能です。また,簿記の資格を有していることで大学や短大、専門学校の入試で優遇されることもあり、社会人だけでなく高校生にとっても魅力的な資格と言えるでしょう。

簿記ってすごい、簿記の技術は、社会に深く根ざした重要な技術

  最近は資格ブームで華やかな資格が沢山あります。簿記と聞くと地味だとか古くさいといったイメージがある人も多いと思います。簿記が古いのは当然です。500年以上も前から不変のものなのですから。私たちが生活するにはお金が必要ですね。そして、お金のあるところには必ず会計(簿記)があります。つまり、お金が無くならない限り簿記が無くなることはありません。少し大げさですが、みなさんは気付いていないだけで、簿記の技術は、それだけ社会に深く根ざした重要な技術の1つなのです。

日商簿記3級 例題
司法書士
行政書士
法学検定
社会保険労務士
税理士
証券外務員
宅建
マンション管理士
ケアマネジャー
Fプランナー
公務員試験
日商簿記