合格率バツグンの資格試験合格ポータル

ニュートン社のTLTソフトとは、

Testing (テスティング) ― 自分の実力をチェック
Learning (ラーニング) ― 知らない項目だけを学習
Training (トレーニング) ― 覚えるまで繰り返し演習

の頭文字をとったもので、
Newton社が、全くの初心者でも容易に、自動的に完全習熟させてしまうことを
追及して開発した、自動習熟システムソフトの名称です。

TLTソフトでの学習は、すべてパソコンの画面上で行われます。
受講者の実行力にもよりますが、TLTソフトでの学習は誰もが熱中してしまいますので、
アッという間に時間が過ぎて「勉強」が飽きません。

TLTソフトは、これまでに経験したことのないパソコンを使ったリズミカルで超効率、超スピード習熟を可能にしました。
 

ニュートンTLTソフトの学習は、すべてパソコンで行ないます。教材は

インターネットを通じてサーバーから教材を引き出して学習するe-Learning版と、
CD-ROMをパソコンにインストールして学習するCD-ROM版とがあります。

「ニュートンTLTソフト」についてもっと知りたい方は・・・
   こちら(リンク先URL http://1netschool.com/  )をご覧ください。

メイン

公務員試験

TLTソフトは公務員試験に完全独学のためのシステム

パソコンによる高機能学習システムだから,短期合格を可能にします。
他の参考書や教材等は一切不要。TLTソフトは完全独学のためのシステムです。

 地方公務員試験と国家公務員試験の併願は可能ですが、
受験資格には年齢、学歴、欠格条項などの制限があります。

  「地方上級試験」は、一次試験で、教養試験、専門試験、および作文試験が行なわれ、
二次試験で、人物試験という適性検査、身体検査、面接などが行なわれます。

試験の中心となるのは、一次試験の教養試験と専門試験であり、
多肢選択問題形式のマークシート方式です。

レベルは国家2種試験とだいたい同じですが、試験内容や出題範囲は地域差があります。

教養知能試験は25問必須で、教養知識試験も25問必須です。
専門試験は、やはり出題される40問すべてに解答します。

  「国家2種試験」は、一次試験で、教養試験、専門試験、および小論文試験が行なわれ、
二次試験で、人物試験という面接が行なわれます。

国家1種ほど難易度は高くないが、
国家公務員として職務を果たすために必要な知識能力を試すことが目的なので、
多くの科目からまんべんなく出題されます。

教養知能試験は25問必須で、教養知識試験は30問中20問選択です。
専門試験は、16科目から8科目(80問中40問)を選択して解答します。

全知識を正確に頭にすりこんでしまえばラクラク合格できるはずです。

  こんな短時間での合格を可能にしたのが米国特許を取得したTLTソフトです。
ニュートン社では、在宅会員受講生で合格保証制度希望者の8割以上の方には、
なんとしても受験までには全学習を完全習熟していただきたいと念願しています。

当習熟教材は、科目毎に受講生が完全習熟すれば、
その科目の受講生固有の合格番号が表示される「習熟度管理機能」を有しています。

したがって、スモールステップで合格番号が表示されるまで
全科目を完全習熟されれば合格点を超えられるだけの知識が身につく画期的な教材です。

当社では、1人でも多くの方が期間内に完全習熟され全員合格を達成されるよう願っています。

公務員試験知識ゼロから400時間で合格へ

 標準習熟時間で約400時間、
遅い人でも約610時間で全科目に合格番号を表示されるまでの完全習熟ができます。
余裕をもって全科目に合格番号の表示が可能です。

  地方公務員試験と国家公務員試験の併願は可能ですが、
受験資格には年齢、学歴、欠格条項などの制限があります。

  当習熟教材は、科目毎に受講生が完全習熟すれば、
その科目の受講生固有の合格番号が表示される「習熟度管理機能」を有しています。

  これまでに経験したことのないパソコンを使ったリズミカルで超効率、
超スピード習熟を可能にしたTLTソフトです。

もちろん2007年の試験までには合格点をゆうに超える習熟度に達していると思います。

TLTソフトだから,合格保証制度が付けられる

 TLTソフトが資格試験受験者に大きな共感と反響を呼び、
その習熟機能の確かさと圧倒的な学習量の豊富さが大きな魅力になっています。

習熟機能では科目単位をスモールステップで確実に頭にすり込み確認しながら、
その豊富な演習問題で解答能力を身につけ「合格点」を十分に超える実力が養成されたと
TLTプログラムが判定したとき、そのスモールステップの合格マークが学習履歴に記録されます。

  たとえば、単元単位では「憲法」や「民法」、「行政法」などがその表示単位で、
受講生固有の合格番号が画面に表示されます。

それは、その範囲からどのような試験問題が出されようと
合格点が取れる実力がついているという証です。

このようにスモールステップで受講生本人が
全ての科目に合格番号を表示されれば「合格点を超える習熟」を全うした証拠といえます。

もちろん、この段階で「本試験には合格」と自信がもてるでしょう。
TLTソフトは完全習熟の積み重ねで、合格にアプローチするシステムです。

「公務員試験」合格への学習計画

学習項目 標準時間
憲法 30時間
憲法総論/人権総論/人権各論/統治機構
民法 90時間
民法総則/物権法/債権法/親族法・相続法
行政法 60時間
行政法総論/行政救済法/行政組織法
経済原論 50時間
市場の調整過程/消費者行動の理論/生産者行動の理論/
国民所得決定の理論/IS−LM分析/総需要と総供給/成長理論
政治学 50時間
権力/政治過程/選挙/政治思想史/現代の政治理論/
政治制度/政治意識/日本政治史
行政学 50時間
行政学の歴史/行政の組織/日本の行政組織/
行政の管理/行政責任と統制/地方自治制度
教養必須 70時間
判断推理/数的推理

「3日間無料体験」申し込みフォーム

姓:
メールアドレス:
希望講座: TOEIC TEST Bコース
TOEIC TEST Aコース
中国語検定3級
司法書士
行政書士
法学検定 4級
法学検定 3級
法学検定 2級・既修者
社会保険労務士
税理士 財務諸表論
税理士 法人税法
証券外務員2種
宅建取引主任者
FP3級
FP2級
ケアマネージャー
公務員試験
日商簿記3級
大学受験 英語
大学受験 数学
大学受験 社会
大学受験 国語
大学受験 理科
高校生
中学生
小学生
※フリーメール(Yahooメール等)の場合は、
  期間の他に制限のある、一般の無料体験版になりますので、
  各プロバイダーから取得できるメールアドレスをご記入ください。
TOPへ戻る