行政書士試験のの合格はこれでバッチリ!勉強すれば誰でも合格!だから、合格保証付。行政書士試験の合格には、パソコン学習が最適!行政書士試験への最短合格を可能にします!やる気がある人だけ見てください。

行政書士勉強法「10日間無料体験」受付中

この行政書士勉強法を10日間「無料で」お試し頂き、
効果が期待できると実感された方は、そのまま、継続してお使いいただくことが出来ます。

行政書士勉強法「10日間無料体験」のお申し込みはコチラ zen2@zenken7.com まで

誰でも行政書士に合格できる秘密の方法

行政書士に合格したいあなたに「行政書士合格の優先権」をプレゼントいたします。

ですが、「行政書士合格の優先権」を得るには、NewtonのTLT「ソフト行政書士」が必要です。

というのも、行政書士に合格するための「一番の難関」は、
「民法」や「行政法」、更に「情報通信」についてまでを、全て「記憶」することが必要な点です。

つまり、「試験範囲全てを暗記する」ことが、
「行政書士試験」に「合格する唯一の方法」だといえます。

そして、NewtonのTLTソフト「行政書士」では、
「行政書士試験の範囲」すべてにおいて
「完璧な暗記」を「お約束する」ことが出来ます。

なぜ、「行政書士」という、難関試験にもかかわらず、
「完璧な暗記」を約束することができるのか?

この「完璧な暗記を約束することが出来る」という点について、
より、わかりやすく説明するために、大切な「3つのキーワード」に分けてお話していきます。

行政書士に合格するためのキーワード1「パソコン」

最近の生活の中で、すでに感じていると思いますが、
現在は、「パソコンが使えないと、どんな仕事も出来なくなりました。」

一流企業はもちろん、中小企業や、公的機関でも、
「まったくパソコンを使わない仕事を探すほうが難しい」です。

更に、小学生は、毎日、「宿題」が学校から出されるのですが、
この「宿題」は、「パソコンが無ければ」1日で、「出来ない」ようなものばかりだと聞きます。


すでに、現代人は、インターネットという「仮想空間」なしでは生きられない状況なのです。


そして、このインターネットという「仮想空間」が、「資格試験」の世界にも進出してきました。
もちろん、「行政書士」も例外ではありません。


ここで1つ「予知」をいたします。
日本では、近い将来「行政書士試験」は「マークシート」ではなく、
「パソコン」を使って答えることになります。


そして、おのずと「行政書士の業務も」パソコンを使ったものになります。
(現在も、刻一刻とパソコン化が進んでいますね。)


ですから、もし今までのように、
「紙に書いて勉強をする方法」で、「行政書士に合格」できたとしても、
パソコンを使えなければ、「仕事にならない」というが、今の「時代」なのです。


また、「パソコン」というのは、「本来」長い時間を掛けて得た「経験」を必要とする作業を、
誰でも短時間で、「かんたん」に出来るように、存在しているものです。

つまり、「人の生活を便利にする」ために生まれ、使われるべきものです、

ただし、パソコンを苦手とする人がたくさんいるのも事実です。
それは、誰にでも「かんたん」に使えるように、いくつかのルールが決まっているからなんですね。


そして、このルールさえ覚えてしまえば、
今までのように、「紙に書いて」作業を行うよりも、数倍、「かんたん」なんです。


もちろん、「行政書士」の勉強もパソコンで行えば「かんたん」なんです。


なぜなら、NewtonのTLTソフトでは、「ワンタッチ入力システム」というものを採用しているからです。

※韓国の有名企業が開発に躍起になっていたというシステムです。
 (Newton社が特許を取得済み)

このワンタッチ入力システムを使うことで、
今までの勉強法とは比較にならないほど、時間の短縮が可能になりました

行政書士に合格するためのキーワード2「脳」

現在、「脳を鍛える」「脳に良い」などといった、
「ゲーム」や「食べ物」がマスコミでも広く取り上げられています。


「覚える」=「脳」が重要というのは、
すでに常識となっているかもしれません。


つまり、行政書士試験の範囲をすべて覚えるには、
「脳」の機能をうまく利用した方法を行う必要があると言う事ですね。


そして、「脳」の機能を熟知したNewton社では、
誰でも「かんたん」に覚えることが出来るシステムを開発しました。


それが、「忘却曲線」を利用した、「習熟システム」です。


忘却曲線というのは、
下記の図にある、「人が忘れていくメカニズム」を曲線にして表したものです。

行政書士試験忘却曲線

上記図を見ていただければ、わかるように、
あなたの学校の成績が、どんなに良かったとしても、
逆にどうしようもなく悪かったとしても、誰もが同じように「忘れてしまう」のです。


それは、勉強をしても同じ事です。
20個の物事を覚えたと思っても、
たった1回の勉強では、「半分も覚えられていない」のが現実なのです。


だから、「忘却曲線の理論」のように、「繰り返し勉強」することが必要なのです。


ですが、全てを同じように繰り返しているだけでは、
膨大な量の範囲を学習しなければならない「行政書士試験の勉強」は終わりません。


そこで、Newton社では、
「苦手な問題だけを繰り返し勉強する」という、「習熟システム」を開発しました。


この苦手な所を繰り返し勉強して、完璧な暗記をすることが出来るようになりました。

そして、「完璧な暗記」が出来る「習熟システム」を利用することでの、
一番のメリットは、「覚えたつもり」という、曖昧な部分が一切なくなってしまうという点です。


あなたも、子どもの頃、「出来ると思っていたのに、全然出来なかった・・・」
こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?


この、「出来ると思っていたのに、出来なかった・・・」というのは、
つまり、「覚えたつもり」でいるからですよね。


たまたま一回だけ答えられたからといって、完璧に出来るわけがないのです。
人の脳は、一度で覚えられるほど立派なものではありません!


ですから、何度も繰り返し勉強をすることが必要なのです。


そして、わからない点を、「何度も繰り返し勉強する」
これが、「行政書士試験に合格するための唯一の道」なのです。


だからこそ、Newtonの勉強方法は、行政書士試験を目指すあなたにお勧めなのです!


実際どんな風に勉強が出来るのか知りたい方は、
下記から、10日間の無料実体験を申し込みください。

「10日間無料体験のお申し込みはコチラ zen2@zenken7.com まで」

※「習熟システム」もNewton社の特許です。

行政書士に合格するためのキーワード3「合格保証」

Newton社のTLTソフトは、数多くある「行政書士試験」勉強法の中で
唯一「合格保証」が付いている勉強法です。


今年の行政書士試験の前日までに、
「行政書士試験の受験票」と、「NewtonのTLTソフト内で、各項目を終えるごとに表示される、「合格保証番号」をすべて送信します。


「受験票」と「合格保証番号」を期日までに送信することで
仮に行政書士試験に不合格になったとしても、NewtonのTLTソフトの代金はすべて返還されます。


これは、Newton社が、このTLTソフトに「絶対の自信」を誇るという事です。

そして、私どもが、今まで数多く販売して来た中で、
返金の対象になった方は、今までに5名にもなりません。


ですので、あなたも、
NewtonのTLTソフト「行政書士」を使って、
行政書士試験を目指せば、ほぼ確実に合格することが出来ます。

「10日間無料体験お申し込みはコチラ zen2@zenken7.com まで」

ご購入はこちら